金箔レースジュエリーGold-Knotとは


金箔レースジュエリーGold-Knotは、伝統工芸を日常に身につけるがテーマ。
金沢の伝統とヨーロッパの伝統的レース技法で仕上げた金箔レースアクセサリー

16世紀のヨーロッパで生まれたといわれる「タティングレース」と「金箔」の融合によるきらびやかで、軽量な女性に優しいアクセサリー「Gold Knot」ゴールドノットは、タティングレースやクロッシュ編みが好きな女性たちが手作業で編んだレースに、金沢箔を施したアクセサリーです。

金沢の伝統産業「金箔」の上品な輝きを活かし、女性たちが日頃から伝統工芸を身につけ身近に感じる機会を作っています。

石川県は古くから日本を代表する繊維産地でもあります。石川県小松市の糸加工場で作られた糸を使用。金沢箔と融合しました。 デザインは、梅鉢をイメージし、シンプルなモチーフとタティングレースらしいクラシックで高級感あるモチーフを開発。糸から自由な形が生まれます。

『石川ブランド認定製品』、『金沢かがやきブランド』認定。

金箔レースアクセサリー「Gold-Knot」ゴールドノットは独自性や新規性等において優秀な製品として、石川県と金沢市から認定を受けています。 自分らしさを追求し、活動的に生きる、30代〜60代までの幅広い年代の女性に人気となっています。

 

日本の生産量の約98%以上を占める石川県金沢市の伝統産業「金箔」と16世紀のヨーロッパで親しまれ現在も残る「タティングレース」が出会った新しい金箔レースジュエリーです。

“Gold-Knot”: Gold leaf lace jewelry
A fusion of Kanazawa’s traditional “gold leaf” with European lace knitting techniques.

 




201706Gold-Knot_03


糸で編み上げたレースの上に「金沢箔」を貼る新しい手法です

 

201706Gold-Knot1_03
16世紀ヨーロッパのタティングレース技法でレースを編む


201706Gold-Knot1_06

金沢の伝統産業「金箔」、「プラチナ箔」を使う。
特にプラチナ箔は箔打をする人材が少なく、 貴重な素材になってきている。

201706Gold-Knot1_08
天然石、あこやパール、K10、K14GF,チタン、ステンレスなどの 金属と組み合わせてネックレス、ブローチなどのジュエリーを制作

201706Gold-Knot1_10

日常生活の水濡れや、擦れても剥がれにくい 仕上げです。

 


201706Gold-Knot3-01-L_03金箔レースジュエリー(金箔アクセサリー)は金沢生まれ、


A sparkling melody born of thread

Gold Knot, a delicate and feminine style jewelry using gold leaf on

thread, was created in Ishikawa Prefecture where the traditiona l

culture of Kaga Hyakumangoku has been handed down for centuries.

Combining the 16th century European tatting lace technique with

traditional Kanazawa gold leaf, a new and unique match has been

achieved to exquisitely display beauty and elegance.

Gold leaf is a tradition almost excusive to Kanazawa since it produces

98% of all the gold leaf in Japan.

 

“Gold-Knot” Gold leaf lace jewelry

A fusion of Kanazawa’ s traditional “gold leaf” with European lace knitting techniques

Tatting lace weaving

Production process

Gold leaf processing

Necklace assembly, etc

Gold-Leaf

Gold leaf is made by tirelessly beating out and

stretching alloy of pure gold with minuscule traces of

silver and copper. An alloy about the size of a 10 yen

coin becomes the size of one tatami mat (straw and

rush mats) with a thickness of 1-1.2/10,000

millimeters, so thin tha t light seems to penetrate

right through it.

Gold leaf ̶ crafted by artisans at the cost of many

hours and a good deal of work on the part of the

artisan ̶ is used widely from craft products to food

products, morphing its appearance and becoming

something that is familiar to everyone.

Kanazawa accounts for more than 98% of all gold foil

production in Japan. Gold leaf is used in a variety of

crafts, such as lacquerware and ceramics, as well as in

temples and shrines with high historical value, such

as Kinkaku-ji and Nikkō Tōshō-gū.

Kanazawa’s artisan gold leaf techniques have been

passed down because of the climate and natural

features of the area, Creating gold leaves has passed

over 400 years since the era of Kaga Hyakumangoku

and has been succeeded to the land of Kanazawa .

 

2017satomi_kiwada_s

Satomi Kiwada

designer

 

Gold-Knot ネットショップhttp://fika-lab.com

Gold-Knotネットショップ、オンラインショッピング